ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 4話 ネタバレ まとめ

がりがり娘_表紙ページ_visiontekproducts

「私の穴、気持ち悪い?」

「いやそうじゃないけど・・・」

心を閉ざした少女に、希望を与えたい!

人気エロ漫画【ガリガリ娘】は

無料試し読みはBookliveコミックでできます♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

痩せっぽっちだった少女が豊満な肉体にバージョンアップするさまを見たい方は、

画像をクリックするとダイジェスト版を試し読みができます。

ガリガリ娘』で検索♪

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用
101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

⇒『ガリガリ娘』を読んでみる!

電子書籍サイト『ブッコミ』で立ち読みできます♪

 

4話 仕事から帰ると美少女が出迎えてセックスさせてくれる生活

ナナが居候する生活にもすっかり慣れた石川。

ナナはとにかく親切にされると裏があると考える子でした。

だから石川はナナのために、食事以外の家事と癒しのセックスをするという仕事を与えました。

 

石川にとって癒しのセックスは無くても良かったことなのだが、

これが無いとナナはいつまでも石川を疑い、心を開かなかったのでナナが考える『親切の裏側』として、

癒しのセックスを仕事としました。

 

ナナの表情は若干明るくなり、そしてガリガリに痩せた体も、すっかり回復して、平均的な身体つきになりました。

 

いつものようにナナが石川の手料理に舌鼓をしていると、

料理に関して質問をしてきます。

 

ナナ「いつもこんな美味しいご飯作って食べてるんですか?」

石川「いつもというか、料理するのが好きなんだよ。いつか料理屋をやりたくってさ」

 

石川はさらに、もう少しで料理屋の夢が叶うと語ると、ナナは『すごいですね』と返します。

そして食事が終われば、ナナによる癒しのセックスが始まります。

 

ナナ「お部屋の片づけもしたしお風呂の掃除もしたしトイレの掃除だって・・・あとは石川さんを気持ちよくしてあげれば私の仕事は終わりです。」

石川「そうだね。それで君の今日の仕事は終わり」

 

石川は同意して、ナナを安心させると、ナナの最後の仕事が始まります。

 

ナナによる癒しのセックス。大きな胸を上下に揺らしながら騎乗位で石川をイかせる!

ナナ「どうやってやりましょうか」

石川「このまま上から入れてくれるといいかな」

 

石川はコロンと床に転がってナナに騎乗位をお願いします。

ナナは了解!と言わんばかりに石川のイチモツを握って、自身の性器にこすりつけます。

痺れるような快感が亀頭から伝わり思わず石川は声を漏らします。

 

ナナ「石川さんはかなり敏感なんですね」

 

石川が敏感なのは間違いないものの、それはナナのテクニックがあってこそだった。

年の割にナナはセックスに手慣れすぎていました。

そのあたりの事情に少し触れようとすると、ナナは『別に』と答えをはぐらかします。

 

ナナ「シャツ脱ぎます・・・」

 

いよいよ癒しのセックスが始まり、ナナは肉付きの良くなった体をさらします。

石川の手料理によってナナの身体は本来の健康的な体に戻りつつありました。

 

ナナ「なんか最近胸が大きくなったような気がするんですけど」

 

ナナは『気がする』と言いますが、気のせいでもなんでもなく、

ナナの胸は急成長していました。

 

タンッ♪タンッ♪と優しくリズミカルに動くナナの腰づかいにあらがえず、

石川はナナの中に射精。そしていつも通りに『気持ちよかった』というと、

ナナは満足そうにうなづきます。

ですが、ここで石川は気になっていた質問を投げかけます。

 

石川「ナナは気持ちよくなかったの?」

 

ナナのために、仕事ではない感謝の癒しのセックス

ナナは、仕事だから、と言って自分には快感は必要ないと言いました。

ですが、石川はナナに幾度となく癒してもらっています。

 

そこで今日は、ナナを気持ちよくさせるために感謝のセックスをすることにします。

 

ナナ「本当にいいですから。住む条件の仕事でやってるだけなので」

 

石川はナナの言葉を華麗にスルーし、

以前後ろからされるのが好きと言っていた体位、寝バックでナナに挿入します。

 

ナナ「勝手にやったらいいですよ」

石川「ゆっくり入れていくから」

ナナ「いらないですからそんな配慮。さっさと出しちゃってください」

石川はナナに挿入して、腰を振ると、ナナは体を震わせながら顔を伏せて耐えようとします。

 

ナナ「石川さんが私の穴で勝手に気持ちよくなってください。ほら出して」

と、ナナはあくまで石川の気持ちよさを優先しようとします。

この言葉が納得いかなかったのか石川は、ピストン速度を上げてナナの腰をうちます。

石川「強くするぞ!」

 

ナナは快感に耐えることができなくなって、喘ぎ声をもらします。

そして二人は同時にイきました。

 

ナナ「・・・気持ちよかったです」

石川「そう思ってくれてよかったよ」

 

ナナ「あの、も一回やりたいなって・・・もしよかったら・・・ですけど」

 

5話のネタバレまとめはこちら

 

仕事から帰ると美少女が出迎えてセックスさせてくれる生活を読んでの感想

初めてナナが自分からセックスをしたいって言ってくれて、

ようやく報われた・・・というか、ようやくナナの顔に笑顔が戻った感じでした。

 

ナナの身体付きも、極細スレンダーから、ナイスバディに変わりましたし、

石川さんグッジョブですね。

 

将来はぜひ、料理屋を開いて子たくさんな家庭を築いてほしいですね!

次回5話はどうやら、ナナの素の部分が出てくるようです。

 

どんな性格になってるのか楽しみですね♪

 

痩せっぽっちだった少女が豊満な肉体を描くさまを見たい方は画像をクリックするとダイジェスト版を試し読みができます。

ガリガリ娘』で検索♪

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

⇒『ガリガリ娘』を読んでみる!

電子書籍サイト『ブッコミ』で立ち読みできます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です