ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 3話 ネタバレ まとめ

がりがり娘_表紙ページ_visiontekproducts

「私の穴、気持ち悪い?」

「いやそうじゃないけど・・・」

心を閉ざした少女に、希望を与えたい!

人気エロ漫画【ガリガリ娘】は

無料試し読みはBookliveコミックでできます♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

痩せっぽっちだった少女が豊満な肉体にバージョンアップするさまを見たい方は、

画像をクリックするとダイジェスト版を試し読みができます。

ガリガリ娘』で検索♪

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用
101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

⇒『ガリガリ娘』を読んでみる!

電子書籍サイト『ブッコミ』で立ち読みできます♪

 

3話 温もりを知らない少女とお風呂で暖めあった夜

ナナ「美味しい。本当はあなたの朝ごはんなんでしょ?」

翌日、目を覚ましたナナに焼き魚定食を振る舞うのだが、ナナはどうやらこれも『借り』だと感じているようだった。

 

石川「そういうのいいから。俺は会社行ってくるから、その間にこのあとどうするかを考えててよ」

と、石川は『貸し借り』を感じさせないようにして、今後についての話題を振ります。

 

ですが、ナナはしばらくの間、石川宅に住みたいと申し出てきます。

詳しい事情は分からないのだが、どうやらナナは自宅にはどうしても帰りたくないらしい。

 

昨日今日であったばかりの、しかも不安を孕んでいる少女を家に1人残すことに懸念はあったものの、

石川はナナの今後については、一緒に考えるとして、ナナの逗留を許可して、出勤します。

 

ですが、夜に自宅に帰ると、ナナはちゃんといて、洗濯ものや部屋の掃除までされていました。

どうやら、ナナは昨日思った通り、悪さをするような子ではないようでした。

 

借りを返すため?お風呂でも奉仕をするナナ。

ナナの在宅確認と家事の仕事ぶりを確認してお風呂に入ると、ナナまで一緒に入ってきました。

石川が戸惑っていると、ナナはボディスポンジに石鹸を泡立たせて、慣れたようにワシャワシャと身体を洗ってきます。

 

石川「別に体まで洗ってくれなくても・・・」

ナナ「そんなこといって、やらせるつもりだったんですよね」

石川「言わないよそんなこと・・・!」

ナナ「しなかったらしないで心の中でモンクを言うんだろうし」

 

ナナの話方は質問口調ではなく、断定口調で、いくら否定しても信じようとはしなかった。

だから仕方なく、ナナの好きにさせていると、ナナはイチモツの方にも手を伸ばしてきます。

当然、快感で立ってきてしまいます。

 

さながら『セックスしたい』という主張をしているかのようだが、これは生理現象というものだ。

ただ、さっきの会話の流れから、少しばつが悪いのは間違いない。

 

ナナ「また立ってきてる。出したいんですか?」

と、ナナは右手でチャッカチャッカとリズミカルに石川のイチモツをしごいてきます。

石川は一応否定したものの、ナナのテクニックにあらがえません。

 

ナナ「どういう感じで出したいですか?言ってください。なんでもしますので」

 

どういう感じも何も、石川には、そもそもこんなサービスをしてもらうつもりはありません。

答えずに黙っていると、ナナは『好きにやっていい』と解釈したようで、石川の乳首を刺激したりして、

早めにこすったりして射精に導きます。

 

ですが、ナナは石川のイチモツを触って、まだ出したりないと判断。

石川「いや!もういいから!今日はいいから!」と否定しますが、なぜかナナは頑なに続行しようとします。

 

ナナ「いえ、やりますよ。やります。精子が空になるまででも」

 

よくわからないナナの頑固さに疑問を覚えつつ、石川はナナの気の済むまで付き合うことにします。

 

お風呂での奉仕の目的は、体を洗うためだった?

ナナ「じゃあ入れますね。こんな感じでいいですか?」

石川「うん・・・そんな感じで・・・」

 

ナナは背面座位の体勢で体を上下し始めます。

石川はナナの動きを助けるための、ナナの腰を掴むと、思わず絶句。

痩せ方が尋常ではない。ほとんど皮膚と骨だけだ。

 

ナナ「・・・なんですか?」

石川「いや・・・なんでもないよ・・・」

 

指摘や感想など言わないほうが良いだろうと、石川は判断します。

異様に痩せた体。男を喜ばせるテクニック。妙に疑り深いものの見方。

石川は、ナナがこれまで送ってきた生活を何となく察します。

 

背面座位でのセックスを終え、『満足した』というと、

ナナは自分も髪と身体を洗いたいと言い出します。

 

わざわざ言うような事ではないことを言うナナに違和感を覚える石川。

石川は『気持ちよくしてくれたお礼』と言ってナナの髪の毛を洗ってあげようとします。

 

ですが、ナナは『自分でできることは自分でやる』といって断ってきます。

ならばと石川は『自分がしたいから勝手に洗う』と言って、少し強引にナナの髪の毛を洗うことにします。

 

この『勝手』という言葉が効いたのか、ナナは『勝手に・・・やってるだけなら・・・』

石川に洗髪を任せます。

 

4話はのネタバレまとめはこちら

 

温もりを知らない少女とお風呂で暖めあった夜を読んでの感想

ナナの行動は、相手が満足して、許可を得てから、というのが分かりました。

奉仕が終わったから、お風呂に入れる。自分のメンテナンスができる。と。

 

「働かざるもの食うべからず」なんて言葉がありますが、それを地でやられると、

なんだか妙に悲しくなりますね。石川は働くことを求めていないので、この辺のすり合わせが早くできるといいですよね。

 

次回4話はナナとの接し方を覚えた石川がナナの心の壁や考え方を少しだけ変えようとします。

痩せっぽっちだった少女が豊満な肉体を描くさまを見たい方は画像をクリックするとダイジェスト版を試し読みができます。

ガリガリ娘』で検索♪

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

⇒『ガリガリ娘』を読んでみる!

電子書籍サイト『ブッコミ』で立ち読みできます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です